19232D | 古代より封印された香り−埋木の魅力

受付終了

講座概要

講座番号 19232D
開催日 2020/01/18(土)2020/01/18(土)
回数 全1回
定員 25
カテゴリー 趣味・教養
開講期 後期
時間 10:00~12:00
受付期間 2019/10/01~2020/01/05
受講料 2,500円 (学生:2,500円,留学生:2,500円)
キャンパス 代田キャンパス

講座内容

埋木(うもれぎ)は、主として縄文時代に山崩れや火山の噴火で土中にパックされて
眠っていた樹木です。
万葉集にも出てくるほど古くから知られていた数千年前の埋木と江戸時代後期に仙台で
発見された数百万年前の亜炭性埋木との違いを古文書や国語辞典類で紐解きましょう。
パックされた環境や埋没期間によって変化する埋木の香りの違いを体感しましょう。
日本各地の主な埋没林の博物館についてもご紹介します。
さらに、ニュージーランドでの、大木カウリ(ナンヨウスギ科)の埋木の豪快な発掘作業も
ビデオでご紹介します。
自然のなせる技のスケールを実感しましょう。


講座関連画像

持ち物

筆記用具

講座スケジュール

実施日 講義内容 講師
1 2020/01/18

講師紹介

成田 廣枝
進化生物学研究所客員研究員

蝦名 元
進化生物学研究所研究員/東京農業大学非常勤講師